製品カタログ > FPC在庫管理システム > FPCシステム特長
 
   FPC在庫管理システム 特長
 
  FPC在庫管理は、フレキシブル(柔軟性)な機能を持った在庫管理システムです。
受注発注・請求など充実した基本業務はもちろん、販売価格・仕入価格の
管理及び出荷検品機能も兼ね備えた、付加価値のあるパッケージソフトです。

お客様のニーズに合わせてカスタマイズも可能です。
また、業務権限管理により情報セキュリティも万全です。
 
 1.製品コード(品番)管理
 
  1. システム品番(8桁)と社内で使用している品番の両方が使用できます。
    → システム導入時、品番の変更に混乱することはありません。

  2. 無限大な製品コード管理を実現
    システム全体では約1兆構成品(商品)の管理が論理上可能です。
    (32の2乗×33の5乗(構成数×構成品数))
    構成品(物品・製品)は32分類で管理します。
    1分類の構成数は34,848構成(32×33の2乗)です。
    1構成の製品数は1,149,984品(32×33の3乗)です。

  3. システム(社内)品番は、個々に仕入先・顧客が管理する品番をシステム(社内)品番と関連付けます。
    → 同一製品を仕入れ先・顧客ごとに登録する必要はありません。
    → システム(社内)品番 1:N 仕入先及び顧客品番

  4. 商品の組み合わせによるセット販売品の管理も可能です。
    セット販売品の在庫管理により、紐つく商品の自動引当を行います。

   2.取引先コード管理
 
  1. システム取引先コード(4桁)と社内で使用している取引先コードの両方が使用できます。
    → システム導入時、取引先コードの変更に混乱することはありません。

   3.取引先マスタ
 
  1. 1取引先コードで受注先・請求先・仕入先を管理します。

  2. 受注先と異なる請求先の登録が可能です。(受注先は各支店で、請求先は本社資材部など)

  3. 稀ですが月により請求日が異なる顧客も個別に管理が可能です。

  4. 仕入先の課税単位を細かく設定することができます。
    (納品伝票明細単位,納品伝票合計単位,請求明細単位,請求合計単位)

  5. 取引先ごとの担当者(部署、ダイアルイン、メール)が複数でも登録が可能です。
    (顧客担当者を社内で共有管理できます)

 4.業務権限の設定
 
  1. 部署及び社員ごとに操作、閲覧できるメニューを制限できます。
    → 適材適所のメニュー構成となりシンプルで煩わしさが解消します。
    → 売上などの会計管理は経理担当者のみに制限するなど、情報セキュリティの管理が
          行なえます。

   5.仕入れ価格管理
 
  1. 仕入先ごとに仕入品の価格管理(数量帯)が行なえます。
    → 発注の際は、単価は自動に選択されます。
    → 同一製品の仕入れに複数の仕入先がある場合、優先仕入先の設定が行なえます。

   6.販売価格管理
 
  1. 販売品の単価を数量帯で登録できます。(標準販売価格表)

  2. 見積作成では、見積顧客ごとに販売単価を自動管理します。
    (単価は受注・請求時の金額として使用されます)

  3. 顧客グループごと(複数顧客)の価格管理が行なえます。
    (販売店、代理店、複数営業所など分散した顧客の管理に便利です)

  4. 販売価格の改定がある場合、改定日の登録で改訂日当日、自動で価格改定します。
    改定価格の登録も改定率で顧客グループ・顧客単体で行えます。

  5. 数量帯で管理している単価は、見積・受注時に数量入力後、自動で表示されます。

   7.販売管理
 
  1. 作成した見積もりを受注画面に取り込めます。(入力の省略可)

  2. 過去に登録した見積・受注を使用し、新規複写登録が行なえます。(入力の省力化)

  3. 分納管理が行なえます。受注に対して、納品予定日を複数登録して分納の設定ができます。

  4. 受注日検索で受注の範囲選択が行なえます。全受注・注残の切り替えはボタンクリックで即切替。

  5. 受注入力時、商品の在庫を(同時に)一覧で確認できます。
    在庫一覧(入出庫画面)にもワンクリックで切替が可能です。

  6. 見積・受注(注残含む)一覧から商品・顧客で絞込選択が瞬時に行えます。

  7. セット販売・仕入販売・小分販売が行なえます。
    ・セット販売   :複数の製品をまとめてセットで販売します。     ○○ → □
    ・仕入販売   :仕入れた製品をそのまま販売します。     ○ → ○
    ・小分販売   :1つ製品を長さなどで分割し販売します。     ○ → □□□

  8. エクセル(CSV)などで入力した受注情報を取り込むことが可能です。
    (入力の省力化) オプション機能

  9. 出荷画面では、バーコードの読み取りで一括出荷入力が可能です。

  10. 得意先元帳は、全顧客を一覧形式で表示します。(顧客絞込が行なえます)
    次月・前月ボタンで請求月を替えて表示します。
    とても簡単な操作で繰越額、入金額、売掛金などが確認できます。
    顧客を選択しクリックすれば、顧客の売掛残高一覧表が確認できます。

   8.購買管理
 
  1. 受注および発注点による所要量計算で、適正な発注数管理を行ない過剰在庫を回避します。

  2. ハンディターミナルによる入荷検品で発注との照合が行なえます。
    検品されたデータは、そのまま入荷データとして登録が可能です。

  3. 発注数に対する不足・過剰完納も可能です。

  4. 仕入先元帳は、全顧客を一覧形式で表示します。(顧客絞込が行なえます)
    次月・前月ボタンで仕入月を替え表示します。
    とても簡単な操作で繰越額、支払額、買掛金などが確認できます。
    顧客を選択しクリックすれば、顧客の買掛残高一覧表が確認できます。

  5. 発注単位と入荷(在庫)単位を別々に管理できます。
    例: 発注(本)→入荷(在庫)(長さm)
    発注はロール単位(数量)行い、在庫はm単位で管理します。

   9.在庫管理
 
  1. 在庫は、入荷単位で管理します。商品のトレサビリティが可能です。

  2. 在庫の棚管理(保管場所)が行なえます。

  3. 入出庫履歴で在庫の状況・トレンドを確認できます。

10.会計管理
 
  1. 得意先元帳・売掛残高表・請求一覧表が印刷できます。

  2. 入金(回収)管理が行なえます。

  11.消費税
 
  1. 消費税率変更日の登録で、変更日前後の消費税率を自動判定します。

  12.FPC販売管理 一覧画面共通
  1. 一覧画面は全て、項目をクリックして昇順・降順の再表示を行います。
    (再表示を禁止している一部の一覧画面を除く)

  2. 一覧画面で表示しているデータをCSVファイルに出力します。
    エクセルなどで処理が可能です。

  13.出荷検品
 
  1. ハンディターミナルで、出荷予定の案内をして出荷入力を行います。
    出荷品でない場合は、警告が表示されます。
    検品入力されたデータは、出荷データとして登録が可能です。

  2. システム出荷処理されたデータを基に、ハンディターミナルで検品チェックが行なえます。
    確実なピッキングにより、出荷ミスが軽減されます。

  14.その他付加機能
 
  1. マスタインポート・エクスポートが標準で実装されていますのでエクセルなどで編集し、簡単にシステムへ取り込みができます。

  2. 商品群の登録で商品を自由にグルーピングできます。
    グルーピングした結果は、商品群売上実績に表示します。

  3. 製品マスタにカタログなどの資料を関連付け、情報共有が可能です。

  4. 見積データに顧客から受け取った情報を関連付け、保管・情報共有が可能です。

   動作環境
 
サーバーOS   :Windows Server2008(R2), Windows Server2012(R2)
クライアントOS   :Windows7, Windows8, Windows10(メモリ4G以上)


『FPC在庫管理システム お問い合わせ先』
  電話番号:0545-66-0883 (受付 9:00~18:00 土日祝日を除く)
担当者:菅原・伊藤
お問い合わせ フォーム (24時間受付)
戻る